『さくら・さくらんぼ保育園』の創設者、斎藤公子の保育論に感銘を受け1984年幸田町に創設。

共同運営

自分たちの子どもが育つ場だから、自分たちの手でつくりたい。

保育園とは、「子どもを預けて、親は仕事に出かけるモノ」という思い込みに私たちは囚われていないでしょうか?

ももの木保育園の考える保育とは、
「親の時間を生み出すためのヘルプ」ではなく、
「子どもの育ちを最大限に引き出す場」と捉えています。

だから、ももの木保育園のスタッフも親も、

「子どもの育ちを最大限に引き出すために、どういう保育園であればいいか」

自分たちの頭で考え、話し合い、
自分たちの手を動かして、みんなで作り上げています。

それが
「共同保育・共同運営」に込めた思いです。

だからこそ、ももの木保育園では、

バザーや文化事業を通して保育所を運営するための資金を集めたり、
子どもたちが使うプールや遊具を自らの手で作り上げたり、
夏祭りで盆踊りをするためのやぐらを自分たちの手で立てたり、

「なんでも自分たちの手で作り上げる」

ことを大事にしています。

自分たちの子どもが育つ場だから、自分たちの手でつくりたい。

それがももの木保育園の親がみな持つ思いです。

共同運営

<共育> 【子も親も「共に」育ち合う場】

私たち、ももの木保育園は、

子どもを「ただ預けるだけ」の保育園ではありません。

子どもを「あふれる意欲・しなやかな体・仲間を思いやる心、豊かな感性」を持った人に育てるために、

斎藤公子さんの「どの子も育つ、育てる保育」を実践している保育園です。

健常な子も弱さを持つ子も、動物も自然も、そして、

子も親も「共に」育ち合う場

<共育>の場です。

そのためには、私たち自身が「子どもと共に」成長していく気持ちが大切です。

「親が育てば子も育つ」ことを実践で学びながら

「子どもと共に、仲間と共に」自分も成長できる保育園です。


<協育> 【共同(協働)運営による事業活動】

私たち、ももの木保育園には公的補助がありません

様々な世帯・職員・OBの皆さんが関わって、

・保育・学童事業
・デイサービス事業
・各事業部活動

等を、共同(協働)運営しています。

私たち一人ひとりが運営者です。

仕事も子育ての環境も、できることも、それぞれ違います。

皆が「忙しい」中での活動です。

だからこそ、仲間と協力し合って、それぞれが、できることを、できる範囲で最大限に、貢献し合っていく気持ちが大切です。

「迷惑をかけない」のではなく
「迷惑をかけあって、助け合う」、

お互い様のコミュニティです。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional